新潟でカーテン・壁紙・外壁のことならファブリック

VOC(揮発性有機化合物)測定

VOC測定VOCは揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds)の略称で、塗料、印刷インキ、接着剤、洗浄剤、ガソリン、シンナーなどに含まれるトルエン、キシレン、酢酸エチルなどが代表的な物質です。

現代の大きな社会問題になっている【シックハウス症候群】とは、新築したばかりの家、リフォームしたばかりの家に入居した人から、「目がチカチカする」「頭やのどが痛い」「めまいや吐き気がする」等の症状が出て、体の調子が悪くなる病気ですが、前述の化学物質こそが、この【シックハウス症候群】を引き起こす主な要因となるものです。

厚生労働省では、13物質の室内濃度指針値を設定しており、私たちは、このうち建材等が発生源と考えられる8物質について、測定・分析を行っています。

そしてこの測定は、特定非営利活動法人である日本VOC測定協会が定める測定方法に則ったものです

VOC測定

建材等が発生源と考えられる8物質

  • ホルムアルデヒド
  • トルエン
  • エチルベンゼン
  • キシレン
  • スチレン
  • テトラデカン
  • アセトアルデヒド
  • パラジクロロベンゼン

測定期間は1日です。測定した結果につきましては、北見工業大学(北海道)の検査機関に送り、 後日、【室内VOC測定結果報告書】としてご報告いたします。

これにより、今お住まいの改善すべき個所をピンポイントで判断することが可能になります。

リフォームをお考えの際にお勧め致します。


世界初!短時間でホルムアルデヒドの発生源が特定できるサービス!
診断結果を元に対策提案をいたします。

当社は、VOC測定事業者である株式会社アスペックコーポレーションの依頼のもとに、室内のVOC測定を行っております。

人体に対して特に有害であるとされるホルムアルデヒド、トルエン、エチルベンゼン、キシレン、エチレン、アセトアルデヒド、パラジクロロベンゼン、テトラデカン、の8項目について、NPO法人日本VOC測定協会の定める測定方法に沿って調査するものです。

VOC測定結果報告書(PDF)サンプルはこちら現在の建築基準法で規制される化学物質は、上記の8項目においてはホルムアルデヒドのみとなっています。ホルムアルデヒドが人体に与える影響は、トルエンやキシレン、アセトアルデヒドも同じとされながら、法による規制は現段階では設けられていません。

測定されたデータが、国の定める基準値をオーバーしていたとしても、そのデータがあれば実情に即した対応が可能になります。よって、室内のVOC濃度の測定は、快適な住空間を提案・提供していくためにはきわめて重要なものです。

詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。

Copyright © 2012-2016 Fabric co.Ltd. All rights reserved. NEW